日々、楽しいことをみつけていつでもスマイルdays (^^)
ルーキーズ、舞台挨拶
2009年06月17日 (水) | 編集 |
午後から会社を早退しました、
2時半からルーキーズを観ます、2回目、

今日17日はメンバーが各地に散って舞台挨拶の行脚に出かけています、
で、私が行く映画館、TOHOシネマズには御子柴キャプテンと桐谷さんが上映後に来ます、
楽しみ~、

チケットは即日全席完売なのに空席がいっぱい、なんてこったい!
映画終了後にゾロゾロ入ってきましたよ、舞台挨拶だけが目当ての客・・、
ちゃんと最初から観てほしいよね・・


川藤先生ってめちゃ元気いっぱいでいいね~、見てて元気がでます、

各メンバーが動いている隙間から背番号7を追っています、たける君あまり出番が無いのよね、


映画が終わり、館内明るくなりみなさんソワソワ、
司会者の男性が紹介します、小出さんと桐谷さんが舞台向かって右手から登場、
きゃ~!きゃ~!の嵐です、一転コンサート会場に変身、
ウチワ持っている人がいるのよ、

おふたりの服装は実にラフ、Tシャツ姿、ボート屋でバイトするお兄ちゃんかい!ってな服装、
舞台挨拶なんだからスーツ姿見たかったなぁ、


御子柴さんは、
「平日の水曜日、皆さんおヒマなようで、あっ!こんなことは言ってはいけないですね」
と自己ツッコミ、

前の席にいる制服姿の女子高生達に、
平日なのに学校どうしたの?と聞くと、
女子高生、声を揃えて、「早退してきたーーーーー」


館内のお客さん、どのくらいの人が学校や会社早退してきたんでしょうね、^m^






スポンサーサイト
ハゲタカ
2009年06月07日 (日) | 編集 |
凄いね~、主役の大森南朋さんの存在感、すごいわ~、こんな俳優がいたなんて知らなかったよ~
鷲津役の大森南朋さんの演技、眼の配り方、ただならぬ気配、すごーい、
TV放送のハゲタカは見ていなかったのでこの俳優さんのことは全然知らなかった、
いゃ~何度も言うけど大森さん、凄いわ、TVドラマ見たかったなぁ


専門用語が飛び交うセリフの応酬で、どういうことかその辺のことはさっぱり・・
でも面白かった、面白い映画だ、来週、もぅ一度みます、


あの400万のシーン、拾うか拾わないか、どっちだ・・
意外な展開で進んだ、そう来たか・・、
人間は哀しいね・・






ROOKIES -卒業-
2009年06月06日 (土) | 編集 |
背番号7番に会いたくて行ってきました、
ドレッドでなかなかおしゃれさんなたけるくんです、

GOEMON観すぎちゃったよ、少年忍者才蔵くんがタイムスリップして
平成の空の下、ニコガクで野球部員になっている、ポニーテールがドレッドになって。
どっちも可愛いね、
観客席に家康さんもいる、^m^


それにしてもこの映画、 ウォッシャーーーーッ の掛け声でいっぱい。
川藤先生は元気いっぱい、いつでも少年のような眼をして、憎めない先生だなぁ~、
こんな頼もしい監督だったらやるっきゃないでしょ

今までのことはすべて奇跡だったんじゃないかって・・
御子柴キャプテンの言葉、そうだよね、出会いは奇跡だね、
健気な御子柴キャプテンに胸きゅん









真夏のオリオン
2009年06月05日 (金) | 編集 |
試写会チケット抽選に当たったので観に行ってきました、「真夏のオリオン」

良かったーー、すごく良かったー、
抽選に当たらなければ観なかったかもしれない映画です。あ~観て良かった、
艦長役の玉木さんの演技、この映画ではじめて観た、いいね~、雰囲気あるね~
眼の視線がいい!、惹きつけられてしまいます、


どういう環境でこの艦長の気質は育ってきたのだろうか。。。
リーダーシップの才を考えてしまいます。


敵役の艦長が、
魚雷・回天の残酷さを部下との会話でさりげなく表わしていた、


13日全国公開です、来週又観に行きます、いい映画は何度でも観る。






阿修羅展 ふたたび
2009年06月03日 (水) | 編集 |
なんかね、一度、実物を観たら・・もぉダメ、もぅ一度見たいッ
行かずにはいられない気持ちになり、
今日一日会社を休んで上野へとイソイソと行ってきました。

午前11時着、わ~~~、やっぱり凄い行列ーーーー、平日の昼間なのになぁ、
阿修羅さんの人気は凄いなー、

この時刻で110分待ちです、しょうがないよね、
阿修羅さん始め、十大弟子像、八部衆像さんらのお姿の優しいこと、
いやでも惹きつけられてしまう。

待つこと1時間30分後、中へ入れました。

2度目は作戦を考えて、まっしぐらに阿修羅さんのいる部屋へ一直線です、
そんなに人がいません、
人ごみの殺気がないのでそれだけでもホっとします、
なんとか前に出られて・・
阿修羅さんを正面から全身、観ることが出来ました、
阿修羅さんとつかの間、お話しが出来ました、頭まっしろ、真空状態になりました、
泪をたたえているような、不思議な表情の正面のお顔、
左はやんちゃなお顔、右はキリリと美しいお顔、

阿修羅さんを360度ぐるっと回りながら観ました、
ずっとここにいたいけど、次々と人が押し寄せてきます。もぉやめとこ。


八部衆像、十大弟子像のお姿の優しいこととかわいらしいこと、
眼と心が洗われる思いがします。






阿修羅展を観たあとは、近くの東京藝術大学美術館で開催している
尼門跡寺院の世界 を観にいきました、こちらは行列は無し。

ゆっくり観ること出来ました、

東福門院さんの十二単一式を観ることが出来た、
檜扇のなんとまぁ華麗なこと、美しいってもんじゃない。
オレンジ色とグリーンの十二単、素敵な色合いにしばし釘付けとなりました。


和宮さん愛用のお人形の着物、
重量感のある生地、華麗さ、うわ~~、と心の中でため息つきました。


昭憲皇太后の ドレス地の打敷、
藍色の生地がなんといえない雰囲気です、眼福。



すっかり尼門跡の世界に浸りました。