日々、楽しいことをみつけていつでもスマイルdays (^^)
阿修羅展 ふたたび
2009年06月03日 (水) | 編集 |
なんかね、一度、実物を観たら・・もぉダメ、もぅ一度見たいッ
行かずにはいられない気持ちになり、
今日一日会社を休んで上野へとイソイソと行ってきました。

午前11時着、わ~~~、やっぱり凄い行列ーーーー、平日の昼間なのになぁ、
阿修羅さんの人気は凄いなー、

この時刻で110分待ちです、しょうがないよね、
阿修羅さん始め、十大弟子像、八部衆像さんらのお姿の優しいこと、
いやでも惹きつけられてしまう。

待つこと1時間30分後、中へ入れました。

2度目は作戦を考えて、まっしぐらに阿修羅さんのいる部屋へ一直線です、
そんなに人がいません、
人ごみの殺気がないのでそれだけでもホっとします、
なんとか前に出られて・・
阿修羅さんを正面から全身、観ることが出来ました、
阿修羅さんとつかの間、お話しが出来ました、頭まっしろ、真空状態になりました、
泪をたたえているような、不思議な表情の正面のお顔、
左はやんちゃなお顔、右はキリリと美しいお顔、

阿修羅さんを360度ぐるっと回りながら観ました、
ずっとここにいたいけど、次々と人が押し寄せてきます。もぉやめとこ。


八部衆像、十大弟子像のお姿の優しいこととかわいらしいこと、
眼と心が洗われる思いがします。






阿修羅展を観たあとは、近くの東京藝術大学美術館で開催している
尼門跡寺院の世界 を観にいきました、こちらは行列は無し。

ゆっくり観ること出来ました、

東福門院さんの十二単一式を観ることが出来た、
檜扇のなんとまぁ華麗なこと、美しいってもんじゃない。
オレンジ色とグリーンの十二単、素敵な色合いにしばし釘付けとなりました。


和宮さん愛用のお人形の着物、
重量感のある生地、華麗さ、うわ~~、と心の中でため息つきました。


昭憲皇太后の ドレス地の打敷、
藍色の生地がなんといえない雰囲気です、眼福。



すっかり尼門跡の世界に浸りました。









スポンサーサイト
阿修羅展 
2009年05月30日 (土) | 編集 |
6月7日で終了・・ということで観に行ってきました。

興福寺建立1300年記念 国宝 阿修羅展 

午後5時半、
会場前に着くと、ため息ですよ、長蛇の列ですよ・・この時刻で70分待ちです。
4列縦隊で待つこと1時間、やっっっっつつと中に入れました、が、しかし、
入ったは入ったでそこは満員電車状態、・・悲しくなります。

会場に入ったらゆっくり鑑賞はできるだろう。。と思っていました、
考えが甘かった・・


阿修羅さんの全身像を見ることは出来なかった、



黒山の人、人、人、果てしなく続く人、人、人、、
もみくちゃになり、押し合いへし合い、人の肩にどつかれ流されつつ阿修羅さんを見ました、
見えたのは三分の一、頭の部分のみ、
前へ行くことが出来ない、人の壁が動かない、
どう頑張っても全身像を見ることは出来ませんでした。



1300年の時空を超えて・・
阿修羅さんとしみじみお話しをする・・・どころではありませんでした。



琥珀念珠と瑪瑙念珠のあたたかい色とかわいい形が
印象に残っています。




グッズ売り場も大混雑・・
人をかきわけかきわけ、阿修羅さんのクリァファイルと図録を買いました。


会場を出たのは午後7時半・・外に出ると、・・・うわ~(@_@)
まだ行列が伸びていました(@_@)