日々、楽しいことをみつけていつでもスマイルdays (^^)
アウトレイジビヨンド 2回目
2012年10月14日 (日) | 編集 |
塩見さん見たさにまたもや観に行ってきました、
いいなー、塩見さん、この映画で初めて塩見さんを知りました、
あの顔の迫力だけでも観る価値ありますね、

あと、あの韓国フィクサー役の金田さん、
こちらは静かな凄みっつーかなに考えているかわからん不気味さが怖い、
後ろに控えている白竜さんも不気味。


西田さん、最初は迫力あっていいんだけど
段々、怒鳴る姿もかわいらしく、転職したハマさんに見えてくるんだよなぁ、


後半、次から次へと片っ端から撃ち殺されていくので、
こんなにたくさんいったい誰が片づけるんだよ~、と心の中で突っ込みいれました
あまりにバンバン続くのでなんかお笑いコントに見えてきます、


頂点から転がり落ちた三浦さん、
署内での紋付羽織の着物姿がまったく似合わない、
残念!、漫画みたいだった、惜しい!











スポンサーサイト
アウトレイジビヨンド
2012年10月06日 (土) | 編集 |
面白かったーーー、

最初の中尾さんの裏切られるシーン、コエーーーー、
これで映画に惹きこまれました

テレビでの予告編を見ると なんだコノヤロー、バカヤローの
連続でしたが、映画全体ではそんなに連発はしていません、

塩見さん、コエーーー、

塩見さんの眼の表情、ドスのある声、身のこなし、
なにからなにまで最後まで怖かった~~~

大物フィクサー 張役の金田さん、すごい存在感、
どことなく怖い存在なんだよね、


意外なラスト、そーきたかーーー、悪いヤツだなぁ、ほんとに。

拳銃を一瞬でも手にしたら即ぶっ放す! こういう演出、好きです、







天地明察  鍵泥棒のメソッド
2012年10月02日 (火) | 編集 |
天地明察

暦なんて普通過ぎて、何事もなく過ごして来ましたが、
改めて奥の深い世界なんだなぁ、なんて気がつきました、

黒の羽織をなびかせてタッタカタッタカ急ぎ足で走る准くんのシーンがかわえ~

天体を詳らかにし、双腕に抱きとうござります、 
この映画のテーマだにゃん

准くんにピッタリの映画、役柄でした、2回観ちゃったよ(^^ゞ

横山くんも話す声を低く抑えてなかな良い雰囲気です、



鍵どろぼうのメソッド

ちょっとしたどんでん返しの映画でした、

最初のオフィスでのシーン、広末涼子が机の書類を片づけ始め、
パソコン周辺に簡易掃除機をかけるシーンがなぜか面白い! ここで掴みはOK!

あの赤っぽい枠のメガネが超似合っている、いいなぁあのメガネ、
やたらメガネを掛けたり外したりとちょいとうざくてムダ、
ずーーっとかけたままでよいのに。

記憶喪失になっても元々持っていた地の性格はそのままなんだろうか
マンションでもアパートでもきれいに部屋を整理整頓していて、
ノートに書く文字も超丁寧です、
ここらへんがちょいと不思議な気がします、







 


踊る大捜査線
2012年09月08日 (土) | 編集 |
すみれさんの出番が少ないなぁ、ぜーんぜん無い、
バス突っ込みの無茶ぶりがあるだけ。

もの足りん映画だった

青島係長の
正義は自分の胸にしまっとけ!とか、
ラストの3分間スピーチが良かった、







黒部の太陽
2012年09月06日 (木) | 編集 |
黒部の太陽を観てきました。


最初に黒部の太陽を観たのは数十年前のはるか昔のこと・・
あれから幾星霜・・  
映画館で再度観られるなんて幸せ、感無量です。


当時、なんて迫力のある映画なんだろ、感動でした、
この映画で破砕帯という言葉を知り、
黒部=破砕帯でイメージがついちゃいました、破砕帯の字面からしてこわいよね

石原裕次郎が割りばし2本をベキっ!とくの字に折り曲げて 
これが破砕帯だ!と周りを睨むシーンが印象的でした。
この割りばしのシーン、宇野重吉だと思い込んでいたのですが
今回、観て、あ~裕次郎だったんだ~~と判明
なんで宇野重吉の記憶になっちゃったんだろ??
樫山文枝の花嫁衣裳の打掛が赤だと思っていたら白でした、
色々と記憶違いしてました。


寺尾聡がこれがまた若い、若すぎる、セリフが棒読みでそれはそれで可愛い。

滝沢修と三船敏郎が渋い!渋いなぁ!惹きこまれる演技、いいなぁ


数十年振りに観てみると、父子の情愛をひしひしと感じます
ラストの ヨイチーー!逃げろーーー!といまわの際で
うわごとを言い続ける父親に
つい、グっとくるものがありました、
でも、あとで考えると随分都合のいいうわごとだなぁ、
なんて思いますが、まぁ いいか。

とにかく今 観ても、感動です、
あの破砕帯の出水シーンの大迫力、
これは映画館の大スクリーンで観ないとなぁ、TVの小さい画面じゃダメだよ

天井や壁が水圧でミシ!ミシ!と不気味に動く場面はどんなホラーよりも怖い